腕からくる肩こりに効果的な筋膜リリース

前回は手からくる肩こりというお話をしましたが、今回は腕からくる肩こりに効果的な筋膜リリースのお話です。

 

筋膜リリースって最近テレビなんかでも流行っていますが、いわゆる筋肉を包んでいる膜が筋膜で、それが筋膜同士で癒着してしまうと、コリや痛みの原因になるので、その癒着を取り除きましょうということなのです。

 

今回は腕からくる肩こりということですが、現代はやはりパソコンを使う人はたくさんいます。パソコンを使う時、腕や手はどのようになっているでしょう。

 

肘を少し外側に張り、腕は少し内側にねじられた状態になっているのがわかりますか?

 

つまり現代人の腕は内側にひねられた状態で生活している人が多いのです。

 

そのねじれが肩に伝わり、首に伝わり、肩こりや首こりの原因になります。

 

そこで、今回はこの内側にねじられた腕を戻してあげて、肩を楽にさせる筋膜リリースをご初回します。

やり方は簡単。軽く手首から肘の間の部分(前腕と言います)を反対側の手で軽く握り、外へ外へと軽く雑巾を絞るように行います。

ただあまりきつくするのではなく、イメージとしては皮膚を軽くずらす感じです。

 

手首から、上に向かって少しずつ手をずらしていき、痛気持ちいい感じで皮膚を外側にずらしてみましょう。

事前に肩などを上にあげてみて、上がり具合だとか、痛みなどを覚えておいて、やったあとと前とで比べるといいと思います。

片腕だけでも20秒もいらないくらいで大丈夫なので、ちょっとした合間にやることをおすすめします。

 

①腕を軽く握ります。

②親指の方向へ皮膚をずらすように、行います。これを肘に向かって場所を移動させ数回行います。

 

手からくる肩こりにおすすめのポイント

最近の肩こりがある方に共通しているところが、実は手の問題なんです。たいてい、肩こりの方は、デスクワークで常に手や指を使っていたり、また手をよく使っている職人さんなども肩こりになりやすい傾向があります。

当院でも、最近は手の状態をしっかり見ているのですが、手の問題、いわゆる手のこりを改善させていくことで、肩が軽くなったり、首が動きやすくなるんですね。

ということで、今回も簡単な肩こりの方に続けていただきたいセルフケアをご紹介させていただきます。

手で一番使うのは、なんといっても親指なんですね。物を掴む際には必ず親指を使います。ですから親指付近の筋肉は常に緊張を起こしやすいんです。

まずそこを反対側の親指を使って押してください。特に痛みを感じるところを中心にじわーっと圧を加える感じです。ここはいわゆる、動物で言う肉球の部分で、拇指球(ぼしきゅう)と言います。

筋肉としては、拇指内転筋、拇指対立筋と言われるところです。

拇指球を押す。

 

そしてもう一箇所が、小指側に当たる部分です。

ここは拇指球側の筋肉とも関連があるため、一緒に揉みほぐしてあげる事で、効果が倍増します。

指の押圧ポイント

それぞれ、痛みが取れるくらいまで、ゆっくりじっくりと押してあげてください。消して無理やりゴリゴリするのはお勧めしません。あくまでゆっくり、じっくりで結構です。

お風呂とか、寝る前で結構ですので続けることが大事ですね。是非頑張ってみてください。

 

骨盤のゆがみを取る方法

今回は骨盤のゆがみを取る方法ということで、とっても簡単な方法をお教えいたします。骨盤のゆがみを取る方法としては、もちろん当院のような整体やカイロプラクティックに通われるのが一番ですが、ご自宅でも継続してやることで、効果があるものをご紹介します。

 

①まず普通に座っていただき、両足を床にしっかりと付いた状態にします。

②股関節、膝、足首はだいたい90度くらいがベストです。

③自分の片手でグーを作ります。

④そのこぶしを両膝の間に挟みます。

⑤そこで5秒くらい両膝をくっつける方向に力を入れ、力を抜きます。

⑥これを10回ほどすればOKです。

(この状態で両膝を内側に向けて力を入れます。)

 

とても簡単な運動ですが、この動きは普段使わない太ももの内側の筋肉(内転筋)を使うことで、筋肉のバランスが取れ、骨盤のゆがみもとっていくという、効果のある運動ですので、少しずつでも毎日していただくのがいいと思います。

もちろん当院でしっかり骨盤矯正をしたあとに、この運動をすることで、より効果が持続していきますので、通われている方にもお勧めです。

是非お試しくださいね!、